広報プロジェクトreport step2


広報プロジェクトの2回目のテーマは「広報戦略を考える」です。

まずは、広報することに決まったゲストハウス二風谷yantoについて情報共有しました。
場所はどこにある?空港からどれくらい?札幌からなら車で何時間?といった基本的な情報から、実際にゲストハウスを見学してきてこんな建物だった、こんな体験ができそうだった等、みんなで発表しつつ共有しました。

情報共有が終わったら、今度はゲストハウスのオーナーである萱野さんにテレビ電話でお話を聞いていきます。
ヒアリングする内容は理念、ビジョンです。
ビジョンは短期的なゴールと、長期的なゴール、最終ゴールについて聞いていきます。

単純に「理念って何ですか?」「短期的なゴールはなんですか?」と聞いていっても、なかなか答えが返ってこず、参加メンバーさんは苦戦しておりました。そうなんですよね、質問の仕方もいろんな角度から聞いていかないと出てこないものなんです。
最後にはなんとか答えが得られて良かったです。

得られた答えをホワイトボードに書いていきました。

次は、ゲストハウスにとってのステークホルダーについて書いていきました。
とてもたくさんのステークホルダーがいることに気づいていただけたのではないかと思います。

そして前回、ちょっとした宿題が出ておりまして、その結果を発表する時間に。
宿題は「二風谷について、アイヌについて、ゲストハウスについてどう思っているか」などを周りの人にヒアリングしてみるという内容でした。
そのヒアリングした結果を付箋に書いて、ステークホルダーのところに貼っていきました。

全体を俯瞰して見て、ゲストハウスが今どんな状況なのかを理解したり、理念やビジョンと照らし合わせて誰にどんな内容を伝えなければいけないかを見ていきました。次回は、具体的にどんな広報業務がベストか考えていく時間となります。